logo

称徳館

称徳館は、2000(平成12)年6月10日に開館した「馬の文化資料館」です。

入館料(観覧料)


個人 団体
(20名以上)
一般 310 円 250 円
高校生・大学生 105 円 84 円
中学生以下 無料 無料


2022年の企画展【終了】

「称徳館」資料で楽しむ『盛 衰記』の世界

2022企画展

軍記物語『源平盛衰記』で
描かれる騎馬武者たちの姿を
「称徳館」所蔵資料とともに
楽しむ企画展です。

十和田市ブログによる本展の紹介

本展フライヤー

本展プレスリリース




館の概要


馬の文化資 料館「称徳館」の名は,
『論語』(憲問第十四)にある

「驥不称其力,也」

という部分に由来します。

称徳館のご紹介01

称 徳館の建物は,テーマ別に
【馬具館】【玩具館】のような名の
複数の展示室が,
馬蹄形に連なった構造をしています。

館の紹介02

エントランスホール

【エントランス・ホール】には,
受付窓口や事務室の他,

館の紹介展示
テーマ展示
つがる市の馬ねぶた
図書コーナー
木馬[乗馬可]
お手洗い
チョークでお絵かきコーナー[屋外]

がございます。
館の紹介03

驥北館

 【驥北館】では,

 東北地方(南部地域)の人と馬の歴史
 馬産地 三本木の歴史
 描かれた馬(浮世絵)
 季節の展示

等のテーマに沿った
展示をしております。
驥北館

馬具館

【馬具館】では,様々な馬具
(鞍,鐙,轡,鞭,蹄鉄,馬甲,
唐鞍,鳴り輪,馬鈴,馬柄杓など)を
展示しております。

次の展示室への通路を兼ねた
小展示スペースには,
江戸時代の馬書(馬術書,相馬書)を
展示しております。
馬具館

玩具館

【玩具館】には,国内外の
「馬」を象った玩具・置物などを
多数展示しております。

 日本の玩具については,
紙製(張子など)
土製(土人形など)
木製(木駒など)に
区分して展示しております。

世界の玩具については,
国別に展示しております。
玩具館

絵馬堂・文献館

【絵馬堂】は,
奉納された大絵馬を飾るために
大きな神社が設置した「絵馬堂」を
模した造りの展示スペースです。

 【文献館】は,収蔵庫です。
お客様の立ち入りはできません。
絵馬堂・文献館

(馬の)信仰館

【(馬の)信仰館】では,
「馬は神の乗り物である」という信仰を背景とした,
馬蹄石,馬形(神馬像),絵馬,藁馬など,
「馬を守護する神仏」への信仰に関わる,
神仏像(蒼前神,馬頭観音),
厩神の祠,神札,具象御幣,絵馬などを
展示しております。
信仰館

民話館

南部地方の古い民家を模した【民話館】
「民話シアター」では,
「語り部」による民話の実演がご覧いただけます
【 4〜11月の日・祝 】
11:30〜11:45
13:30〜13:45

 他に、
「南部駒踊り」の紹介展示,
休憩スペース,お手洗い等がございます。
民話館

企画展示館

【企画展示館】の2階部分には,
「企画展示ホール」(現在閉鎖中),
休憩スペースを兼ねた「工芸サロン」が
ございます。
1階部分には,
農耕馬の飼育に用いた道具類や農業機械,
「軍馬補充部三本木支部」に関する
展示等がございます。
企画展示館



< ご優待情報 >

ご優待情報へのリンク
ご優待の内容
青森県教育厚生会 入館時、会員証提示で「にんじん券」進呈
青森県文化観光大使 「大使の証」「大使の名刺」提示で、観覧無料
元気あおもり応援隊 「名刺」提示で、観覧無料

※ 「にんじん券」は、駒っこ牧場で「にんじん1カップ」と交換できます。




このページを閉じる